カテゴリー
部下の育成、教育

【この褒め方で育つ!】部下の褒め方 3選

よく「ほめて伸ばす」みたいな事を言われますが、どのよう

にほめたらよいのか分からない、上司の方もいると思いま

す。上手にほめる事で、部下、上司共に幸せに働ける職場を

めざしましょう。

【具体的にほめる】

ただ結果だけをほめるだけでなく、どこがよかったのかを具

体的にほめましょう。

「この資料は良くできているよ」だけではなく、「この資料

のこの部分が良くできてる」など。

「新規受注が決まってよかったね」 だけではなく、

「新規受注が決まったのは、毎日の顧客へのフォローがあっ

たからだね」。

とにかく、部下の仕事を良く見ているという事が、伝わるこ

が大切です。

【プロセスをほめる】

結果だけでなく、その結果が出るまでに、努力した過程もほ

めてあげましょう。

「難しい仕事をよく最後まであきらめずにやってきたね。」

「毎日遅くまで、資料作成をしていたね。」

「早朝出勤して、事前に顧客に資料を送付していたね。」

承認欲求をいっぱいに、満たしてあげましょう。

【第三者を使ってほめる】

「良くやったね。すごいじゃないか。部長もすごく喜んでた

よ。!」自分だけが褒めているのではなく、他の人も褒めて

いた事を伝える事で喜びも倍増します。

【まとめ】

部下を上手にほめる事で、高いモチベーション維持してもら

い、あなたのチームが大きな成果を生み出すように変われば

幸いです。最後は部下に成長してほしいと心から願う

事です。そうすれば、必ず伝わりますし、部下も答えてく

れるでしょう。

 

サラリーマン

作成者: サラリーマン

中間管理職として8年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを、解決できればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA