【コミュニケーション不足解消】ONE ON ONEミーティングを成功するコツ4選!

部下の育成

最近、各企業で採用しているONE ON ONEミーティング。

これから始めようとしている人、すでに初めている方向けに、何を注意したらよいのかをご紹介させて頂きます。

コミュニケーション向上、早期問題解決、チーム力を上げるには、まず部下との話し合いが一番です。

部下のモチベーションを上げて、さらには信頼関係もきずき、大きな成果を出していきましょう。

【目的意識を常にもつ】

回数を重ねるごとに目的を失う場合があります。

以下に個条書きにしましたので、しっかりと目的意識を持って取り組みましょう。

 

1. 部下の仕事への意欲を高める
2. 問題を解決する
3. 部下との信頼関係向上
4. 部下の自己成長につなげる

【事前準備】

時間は30分程度で短時間で設定する。

定期的に行うので、あまり長時間だとお互いの業務に支障がでる可能性がありますし、長続きしません。

また部下のための打合せなので、アジェンダを部下から事前にメールで配信してもらうなどの工夫をしてみましょう。

部下自身に主体性を発揮してもらうことも考えることが大切です。

【とにかく話を良く聞く】

一方的に上司が話をする事は避けて、8割は聞く事に徹しましょう。

部下からの話を受けて決めつけるような言い方はせず、意見を求められた時だけ答えるようにしていく。

あくまでも部下の話を中心に進行していきましょう。

これが一番大切なのですが、できない人も多いです。

いつの間にか上司が一方的に話をしていることがありますが、これでは意味がありません。

また定期的に行うのでメモを取って意見を求められた時は、すぐに対応できるようにしておくことも大切です。

 

【なんでこんなこともできないの?】ダメな部下の育成方法5選

【これで大丈夫!】上司に委縮している状態から抜け出す方法6選

【効果的な質問をする】

質問の仕方で部下のモチベーションが大きく変わるので、何を質問すれば成長につながるかを考えて質問をしましょう。

具体的にはクローズドクエスチョンではなく、オープンクエスチョンをして思考を広げるような質問をする。

クローズドクエスチョンとは、

「明日、何時に出発しますか。」

「書類はいつ提出できますか。」などです。

YES、NOで答えられる質問です。

 

オープンクエスチョンとは、

「顧客を満足できるサービスとは、何だと思いますか。」

「この問題を解決するためには、何をすべきだと思いますか。」などです。

相手に深くまで考えさせる質問です。

また質問攻めにして、部下を責め立てるようなやり方はやめましょう。

あくまでも部下自身に考えさせる質問をなげかけて、一緒になってその問いを考えましょう。

下記に具体的な質問例を上げさせて頂きましたので、参考にしてください。

目標に対しての質問

・どういう状態を目指しているのか

・目標を達成したい理由

・具体的にはどういう状態なのか

・他に目標がありますか

・達成できたことで何をえられますか

現状把握をする時にする質問

・現在はどんな状態ですか

・今までどんな対応を取ってきましたか

・今までのやり方でうまくいっている点、そうではない点を挙げてください

・目標を達成する人は何をするのでしょうか

・うまくいったときと、いかないときの差は何でしょうか。

選択を広げる質問

・どんなことをすると目標が達成できますか

・他の人のやり方で取り入れる方法はありませんか

・競合他社から取りいれる方法

・徹底的に真似をしたらどうなりますか

・他に選択はありますか

・うまく行った時のやり方を再現できますか

・うまく行かなかった原因をつぶす方法は

・習慣化するための方法は

・別のやり方で目標達成できる方法は

【まとめ】

ONE ON ONEミーティングを上手に使えば、部下のモチベーションを上げて、さらには部下とのコミュニケーション向上にもつなげることができます。

部下の成長は、結果的には自分を助ける事に繋がりますし、上司であるあなたの評価も上がります。

また事前に問題を解決する糸口を見つけることもできますので、まさにいいことずくめです。

ONE ON ONEミーティングを習慣化して頂き、仕事での成果を出して頂ければ幸いです。

苦手な上司・部下の理由と解決策がわかる!伝え方コミュニケーション検定

部下の育成
わっちをフォローする
アバター

中間管理職として10年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを解決できれることを願っています。

わっちをフォローする
サラリーマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました