【これで大丈夫!】1オン1ミーティングを成功するコツ4選!

最近、各企業で採用している1オン1ミーティング。

これから始めようとしている人、すでに初めている方向けに、何を注意したらよいのかをご紹介させて頂きます。

部下のモチベーションを上げて、さらには信頼関係もきずき、大きな成果を出していきましょう。

【最終目的】

まずは、最終的な目的を確認しておきたいと思います。

時間が経過すると目的を失うことがあります。しっかりと目的意識を持って取り組みましょう。

 

1. 部下の仕事への意欲を高める
2. 問題を解決する
3. 部下との信頼関係向上
4. 部下の自己成長につなげる

 

【事前準備】

時間は30分程度で設定する。

あまり長時間だと定期的に行うので、お互いの業務に支障がでるので短時間で行いましょう。

部下のための打合せなので、アジェンダを部下から事前にメールで配信してもらう事で、部下自分に主体性を発揮してもらいましょう。

 

【とにかく話を良く聞く】

一方的に上司が話をする事は避けて、8割は聞く事に徹しましょう。

部下からの話を受けて決めつけるような言い方はせず、意見を求められた時だけ答えるようにしていく。

あくまでも部下の話を中心に進行していきましょう。

また定期的に行うので、メモを取って意見を求められた時は、すぐに対応できるようにしておきましょう。

 

【効果的な質問をする】

質問の仕方で部下のモチベーションが大きく変わるので、何を質問すれば成長に繋がるかを考えて質問をしましょう。

具体的にはクローズドクエスチョンではなく、オープンクエスチョンをして思考を広げるような質問をしましょう。

クローズドクエスチョンとは、「明日、何時に出発しますか。」「書類はいつ提出できますか。」などです。

YES、NOで答えられる、もしくわ簡単に答えられる質問です。

オープンクエスチョンとは、「顧客を満足できるサービスとは、何だと思いますか。」「この問題を解決するためには、何をすべきだと思いますか。」などです。

相手に深くまで考えさせる質問です。

また質問攻めにして、部下を責め立てるようなやり方はやめましょう。

あくまでも部下自身に考えさせる質問を投げかけて、一緒になってその問いを考えましょう。

 

【まとめ】

1オン1ミーティングを上手に使えば、部下のモチベーションを上げてさらには、部下とのコミュニケーション改善にもつなげることができます。

部下の成長は、結果的には自分を助ける事に繋がりますし、上司であるあなたの評価も上がります。

また事前に問題を解決する糸口を見つけることもできますので、まさにいいことずくめです。

1度チャレンジしてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました