【若い部下の育て方】最近の若いやつは理解できない!?ってほんと?

部下の育成

最近の若いやつは、何を考えているかわからんわ。
となげいている。

これ、むかしの自分です。

メンバーと面談時の一部始終です。

今の仕事でこれがやりたいってことある?

特にないです。

給料をもっともらいたいとは思わない?

親と同居しているんで、今の給料で十分貯蓄もできるし、これ以上はいらないんですよね。とにかく休みがほしいです。

 

 

 

全員ではありませんが、8人の中で2人がこんな緩い感です。

 

 

 

 

 

 

こういう考え方は、すべて仕事に出ます。

これを少しずつ是正していく。
でも、これが大変なんですよね。

ここで注意ポイントですが、そんな部下を完全否定しては絶対にダメです。
委縮した状態でいいパフォーマンスはだせないんです。
価値観が違うだけ。

もともと人には、能力があると考えるんです。

阻害しているモノがあるから、能力を発揮できないと考える。
新人が腐るのも、生きるのも環境次第。
逆にすごくできる社員でも、環境が悪ければ成果は出ません。

ですから最初から優秀な人材を入れることを考えるより、能力がはっきできる環境を作る。

この環境作りが、上司の腕の見せ所です。

では、どうすればよいのか?
圧倒的に部下との共有する時間を使うことなんです。
その時間を使って、価値観を聞き出すのです。
その結果、家族、恋人、子供の頃の話まで聞ける中になってくる。

「最近の若いやつはよくわからんわ」とたまに聞きますが、部下のことをどこまで知っていますか。
家族構成、趣味、休日の過ごし方など、知らないのに部下のことが分からないと言っているのは、
何か矛盾がありますよね。

自分の会社では、若い人が中心になってフットサルをやっています。
体を動かせば、リフレッシュになるし、その時のチームプレーが仕事にもでます。
そこでの適正をみることもあります。

回りに気遣いができる人は、仕事でも周りへの配慮ができます。

また、仕事では自分でやりたいことを吐き出してもらう。
他人からこれやれっていわれたら、やる気もでませんよね。

自分でやりたいことをはきだして、目標を設定する。
上司からこれをやれっていわれることも、もちろんあります。

しかし、自分で決めたことは実行しようとするんですよね。

目標を掲げて、常に上司が部下を気にかけている状態を作る。
放置はいけないですよ。

そういう自発的に動いてもらうような環境作りが大切です。

最後はやはり、人と人のつながりを大切にすること。
仕事場の人とのつながりを感じられれば、仕事が面白くないとはなりません。

退職した人の中では、やはり周りとの人間関係が構築できずにやめる人が多いです。
仕事の中身以上に大切なことです。

そのあたりも、上司がサポートしてあげる。
回りとのコミュニケーションが苦手な人でも、この人の苦手な部分は人との会話なんだと理解してもらう。
苦手な部分があるけど、この特定の仕事は得意なんだよなと得意分野も理解してもらう。
そうして、周りから認められていると感じとれば、その部下はその職場で能力が発揮できます。

できることから始めてみて、徐々にチーム力を上げていくことを目指してください。
一人でも多くの人が、輝ける職場を見つけて頂ければ幸いです。

部下の育成
わっちをフォローする
アバター

中間管理職として10年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを解決できれることを願っています。

わっちをフォローする
サラリーマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました