【生産性UP】ビジネスマンの有意義な時間の使い方5選

スキル

日々の仕事をしている中で、もっと時間がほしい

もっと効率的に時間が使えればいいのにと思うことはありませんか。

 

私はいつも思っていました。

 

バタバタと忙しいけれど、やり方次第でもっと効率的に働けるのでは?

 

そこからいろんな事を学んでいき、いかに効率的に時間を使って、なりたい自分、やってみたい仕事にチャレンジするかを考えていくようになりました。

 

この記事を読んで、望んでいる理想の方向に進んでいければ幸いです。

 

朝一番でやるべきことを10分以内で書き出す

本当にやるべきことを確実に実行するために、紙に書きだす。

やみくもに仕事をするだけでなく、優先順位が高いものから取り掛かかることが大切です。

 

頭の中だけでは整理するのがなかなか難しいですが、紙に書き出すと客観的に判断することができます。

また自分の手を動かして書き出すことで、脳にインプットできます。

 

次に5分以内でできることと、重い案件などを分ける。

重い案件などはタスクを分解してみる。

 

次に書き出した項目に、どれくらい時間がかかるのかをざっくり見積をしてみる。

やるべきこと、時間工数がわかったら、時間をスケジュールなどに入れ込んでおきましょう。

 

午前中までに考える仕事を終わらす

脳が活発な午前中にできるだけ重い仕事、クリエイティブな仕事を持ってきましょう。

午後になると、脳が次第に疲れてくるので、効率的に考えることができずらくなります。

 

どうしても夕方以降になる時は、次の朝に持っていく。

代わりに雑用的な仕事を、夕方以降に回すなどを考えて行きましょう。

 

どうしてもやる気がでない日は、5分でできることから始めてみる。

その内にやる気が出て、重い案件などにも取り掛かかれる気が沸いてきます。

 

すき間時間を活用する

5分以上のすき間がある時は、オモイッキリ活用しましょう。

5分の時間は、何をしようと考えている間に時間が過ぎてしまいます。

 

成功するコツは、5分でできることをリスト化しておく。

そうするとすぐに取り掛かれます。

 

まずは、筆者の一日のすき間時間がどれくらいあるのかを調べてみました。

5分以上のすき間時間を計測すると驚きの結果になりました。

 

・ラジオ体操までの時間10分
・朝礼が始まるまでの時間7分
・会議の合間12分+5分+16分=33分
・休憩後のおしゃべりタイム15分

なんと65分もの時間になりました。

この時間を活用しないともったいないですよね。

 

通勤時間が仮に往復2時間としたら、一日3時間以上も使える時間があるということになります。

年間にすると3時間×240出勤日=720時間です。

 

これはすごい時間です。

こんな時間があれば、何でもできる気がしませんか?

 

少しずつでもいいので、すきま時間を活用してみてください。

 

朝の習慣

一日の中で朝が一番脳が活発な時間です。

この時間に何も考えずに、スマホ、テレビなどを見るのはもったいないです。

脳は何も思考に使っていないまっさらな状態から、次第にいろんな思考にしていくうちに疲れていきます。

朝は、タスクの中で深くまで思考する仕事を持ってきましょう。

 

例えば、以下のような物です。

 

クリエイティブな仕事
文章を書く仕事
読書をする
勉強をする
将来のことを考える

夜の習慣

食事は寝る2時間前に済ましておき、腹8分目までに抑えましょう。

睡眠の質をあげるため、浴槽には浸かるようにする。

寝る前にテレビ、スマホは見ないようにして、そのかわりに読書などをしていろんな思考に触れてみることをお勧めします。

 

 

休日の過ごし方

朝のランニング、ジムにいく

普段時間がなく、会社と自宅の往復だけで終わっている人もいると思います。

運動不足を解消するために、週末に運動をしてみましょう。

朝のすがすがしい時間に、ランニング、ウオーキング、筋トレなどをする。

 

体だけでなく、心もリフレッシュできて一石二鳥です。

またなかなか習慣化できない人は、ジムに通うなどしてみるのもいいでしょう。

 

成功者と呼ばれる人は、体を鍛えている人が多いです。

 

それは、体とメンタルが密接に繋がっていることを知っているからです。

 

体を鍛えることで、仕事もうまくいく。

ぜひチャレンジしてみることをお勧めします。

 

読書をする

読書をすれば教養、論理的思考が身につく、ボキャブラリーが増える等いいことずくめです。

これほどの費用対効果はありません。

 

まずは、自分の興味がある分野からでもいいので初めてはいかがでしょうか。

 

ビジネスセミナーに参加する

普段なかなか時間がなく、専門分野、仕事で直結する知識などを吸収するために、セミナに参加することもお勧めです。

そこで出会った講師の先生、一緒に受講している人達との出会いから、今後の自分のモチベーションUPにつながるでしょう。

 

TEDなどのプレゼン動画を見る

仕事ではプレゼン能力は必須です。

プレゼンではなくても、自分の思いを伝えることは仕事でも役に立ちます。

普段触れていない分野の知識も手に入りますので、時間がある時に見ることをお勧めします。

 

月曜日の仕事の用意する

月曜日にロケットスタートできるように仕事の用意をする。

一日中仕事をするという意味ではなく、仕事内容を思い出す程度で十分です。

 

・月曜日からやることを紙に書き出す
・スケジュールを確認する

これだけでも、月曜日の仕事のスタートが違います。

またこれは筆者の感じていることですが、休日と平日でギャップが大きいと月曜日から憂鬱になります。

このギャップを埋めるためにも、休日から慣らし運転をすることが大切だと思っています。

 

平日と同じ時間に起床する

また休日だからといって、前日夜遅くまでテレビを見て、休日に昼まで寝てるのは本当にもったいないです。

平日と同じ時間に起床して、朝から有意義な時間を過ごすようにしましょう。

 

休日を有意義に過ごせるかどうかで、日常に仕事におけるモチベーションも変わってきます。

 

まとめ

いかに効率よく時間を使うのかを少し意識するだけで、人生が劇的に好転します。

 

自分がエネルギッシュに活動していると、自然と周りの人にもいい影響を及ぼすことになり、良い影響の輪が広がっていきます。

 

上記紹介したことを一つでも実践して、有意義な時間を過ごして頂ければ幸いです。

 



スキル
わっちをフォローする
わっち

中間管理職として10年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを解決できれることを願っています。

わっちをフォローする
サラリーマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました