仕事での使える整理術の基本とは?これをやれば誰でも整理上手になれる!

【無駄の概念を考える】

時間の無駄

書類を探す時間、物を探す時間
書類は10秒以内に出てこないとダメです。
一日5分探す時間があれば、月20日出勤計算でも
年間1200分のロスになります。

スペースの無駄

物を置くということは、場所が必要になります。
倉庫等を用意して、通路を確保して、物を保管するのに
コストがかかります

取りに行く無駄

コピー用紙、文房具、書類等を取りに行く時間も無駄です。
最適な場所に置く、もしくわ、排除できないかを考え   ましょう。

【作業の段階別に整理する】

各作業の段階別に書類を分けて保管すると、
誰が見てもわかります。

また、どの段階で書類が溜まっているかも分かりますので、管理しやすくなります。

【机の上を整理する】

机の上には、必要な書類だけを置くようにしましょう。

書類、物が乱雑に置かれていたり、整理できていないと、
仕事でもミスを起こす可能性がでてきます。

物をさがしていると、パフォーマンスも下がります。   乱雑になってきたと思ったら、一度片付けをしてから作業に取り掛かりましょう。

【メールの整理する】

メール保管期限を設定して、期限を過ぎれば削除しましょう。
どうしても保管する必要があれば、ホルダーに入れて
保管期限を一旦設定しましょう。

【捨てる基準を設ける】

捨てる基準を設定すれば、「すてられない」と個人的意見を排除できます。
保管する物、いらない物を識別するのに役に立ちます。

【在庫が見えるように置く

コピー用紙等も、在庫が誰もが見えるような状態で置いて、
在庫数が2個以下になったら注文をするようなルールをつくりましょう。

【そうじタイムを設ける】

毎日、そうじタイムを設定して、物、書類が乱雑になる前に整理するようにしましょう。
汚れている場所を放置していると、その場所はさらに汚れていきます。
常にきれいな状態を保つようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました