働く意味がわからない!?仕事の価値を考えてみる

突然ですが、働く意味は何でしょう。

考えたこともない人もいると思いますが、何となく会社で働いている人は、自分の仕事の価値は何なのかを考えてみることをお勧めします。

仕事に夢中になっていると、ふと「なぜこんなに頑張って働いているんだろう」と、疑問に思う時もあると思います。

そのような時は、自分なりの働くモチベーションが上がる意味や目的を見つけるべきです。

働く意味を自分の中で、しっかりとした答えをもっていると迷うこともなくなります。

 

【仕事の取り組む姿勢】

どんな仕事でも、つまらないと思うと本当につまらない仕事になります。

面白くしようと思うと、面白くなります。

仕事に取り組む姿勢が、一番大切になります。

会社が何をしてくれるかではなく、自分が会社に何ができるかを考えて行動すべきです。

まわりに期待して、「ああしてほしい」、「こうしてほしい」と期待をすると不満はつのるだけで、良いことはありません。

人のせいにすると改善する意欲がなくなり、さらに仕事がつまらなくなります。

それよりも、自分から何ができるかを考えて、行動する方が仕事の成果もでやすく、楽しく仕事ができるのではないでしょうか。

 

【仕事の意味を考える】

いつも何のために働くのか、何のために生きているのかを考える習慣をつけることが大切です。

すべての仕事には、意味や価値があります。

それを見つけることができれば、仕事が楽しいと言えると思います。

例えば、コピーを上司から頼まれた時も、何も考えずに指示されたことだけを行うのと、コピーは誰に渡す資料かを考える。

社内会議用なのか、客先に渡す資料なのか、上司個人で保管するものなのかを考えるだけでも、ひと工夫できることはないかを考えることができます。

 

【社会貢献】

人の役に立ったり、社会に貢献したりして、人に喜んでもらうことができれば自分の仕事の価値がわかるんだと思います。

お金だけのために働くのではなく、お客様、社会に貢献して喜んでもらうことの対価として、お金をもらうことができる。

今の仕事で何をすれば、社会貢献できるのかを考えることが大切です。

ぜひ、考えたことがない人は、一度考えてみることをお勧めします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました