【リーダー体験記】モンスター部下との闘い

リーダー体験記

途中入社のAさんは、最初は腰が低くていいひとでした。
自分の部下となる人ですが、このひとなら一緒に仕事がやりやすいと思っていました。
しかし、そこからモンスターぶりを発揮して周囲に迷惑をかける社員に変貌していったのです。

業界がながい経験豊富なAさんでしたから、困ったことがあると相談もしていました。
半年ぐらい経つと、徐々に私に指示をしてくるようになりました。

他のメンバーとの報告もすべて報告してくれ!
この仕事は自分がやるから、これをやってくれ!
この会議の議事録をとって?

いえ、私が全体のスケジュールを組んでいますので、私から業務指示はやります。

あまりの変貌ぶりに困惑していましたが、さすがに指示を受けるわけにはいきません。
このように反論していると、すごいいきよいでまた反撃されます。

後でわかったことですが、他部署の人にも同じようなモンスターぶりを発揮していることが
わかりました。
いろいろ社内で交流がある人から相談があったのです。

 

どうにかしてくれよ。
あんな言い方で、人が動くと思ってるんかな?

 

このままではまずいなー。
自分のチームが崩壊してしまう。
面談をして、率直な思いを聞いてみる。

・今よりも悪くしたいと思う人はいない。
・現状よりよくしたいと思う気持ちは一緒のはず。
・将来の目指すものを一致させる。

ここから、何か見いだせないかと探ります。

自分は、管理者として業務全体をマネージメントをする。
あなたは、担当者としての業務を遂行する。
組織で働く以上は、役割があります。
役割を無視して仕事をすると、組織がなりたたなくなりますよ。

管理職なんだから自分がいったことすべてできて当たり前ですよ。
前の会社では、こんなこと当たり前にやっていましたよ。
できていないから、自分から指示をしているんですよ。

 

感情的になってはいけない、人格否定はしてはいけないと心に思うが、一方的に話をしてくる相手に、どうしようかと悩みました。

年上なのと、経験豊富だということで最初に相談を持ち掛けていたのが良くなかったのか。
自分の立ち位置を早く確立するべきだったのか。

これは、もう上司に報告するしかないと判断。
部長に相談すると、私の方から指導しておくとのことでした。
暫く様子をみることにする。

リーダー体験記
わっちをフォローする
アバター

中間管理職として10年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを解決できれることを願っています。

わっちをフォローする
サラリーマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました