カテゴリー
部下の育成、教育

人の行動する条件から、部下に目標を達成させる方法

上司は日々、部下の目標をどうすれば達成できるのかを

悩んでいる人も多いと思います。

ここでは、人が行動する条件から、部下の目標達成する方法

をご紹介させて頂きます。

人が行動する条件とは、以下の3つと言われています。

①ポジティブ

②即時

③確か

例えば、賞与を上記条件に当てはめてみると、ポジティブか

ネガティブと言われると、ポジティブな物になります。

ただ、売上目標を達成したら、金額が上がると上司に言われ

ても、その年の業績などで、変わるし、すぐにお金がもらえ

るわけではないので②、③上記条件を満たしていないので

す。

タバコをやめられないのも、健康を害するとわかっているけ

れど、すぐに体調が悪くなるのではないので、やめられない

のです。

健康を害するのは、未来の話であって、今ではないから

です。

では、どうすれば仕事で成果を上げられるかを考えて行きま

しょう。

まずは、何をすれば成果が上がるかを日々の行っている業務

からリストUPしましょう。

その中から行動量を決めます。

例えば、営業職であれば、客先訪問数を月に100件にするな

どを決める。

達成できた人や、チームには、すぐに3000円の現金支給を

する。

上司含め、部署で拍手をして、達成できた人をすぐに

賞賛する。

目標達成できなくても、罰を与えるのはやめておきま

しょう。

あくまでも、社員が自発的に行動するような仕組みをつくり

ましょう。

また、ポイントカードを作って、達成したら上司がハンコを

押していきポイントがたまれば、商品交換などの仕組みを作

ってはいかがでしょうか。

目標達成するまでの過程もわかるように、件数をグラフ化

して、見える化をするのも良いです。

一度試してみては、いかがでしょうか。

サラリーマン

作成者: サラリーマン

中間管理職として8年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを、解決できればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA