カテゴリー
モチベーション

普段の言葉遣いを変えて心の状態をよくする方法

日々、何気なく使っている言葉。

この言葉の力に気づいている人も少ないように思います。

ここで紹介する言葉の力を理解して頂き、日々の生活を豊か

にして頂ければ、幸いです。

【ポジティブな言葉を使う】

まず、ポジティブな言葉、ネガティブな言葉のどちらが良い

かはすぐに分かると思います。

ネガティブな言葉を使っていると、気分もネガティブになり

ます。

逆に、ポジティブな言葉を使うと、気分もポジティブになり

ます。

よって、使う言葉で自分の気持ちも、コントロール

できます。

自分が使う言葉は、自己暗示になりますので、できるだけ

プラスの言葉を使いましょう。

普段生活していると、ネガティブなニュースや、人から悪口

を聞かされたりすることもあると思います。

テレビなどは、ネガティブなニュースが多いので、できるだ

け見ないようにしましょう。

また、人から悪口を言われた時も、絶対に言わないようにし

ましょう。

【落ち込む時があった場合】

例えば、上司から叱られて落ち込んだ時も、自分はダメな人

間だと言うのではなく、「叱ってくれてありがとう」と、

一旦は無理やりでも、ポジティブな言葉を使うようにしまし

ょう。

「ここで叱ってくれなかったら、もっと大きなミスをしてし

まっていた。本当によかった」と言うような言葉を選びまし

ょう。

ここでの言葉選びが、今後のあなたの心の状態を、良い状態

にしていくことができます。

また、いつもどんな時もポジティブな言葉を使う習慣をつけ

ましょう。

責任ある仕事を任されて自信がない場合でも、成功した自分

を思い描き、任せてくれてた上司に「ありがとうございま

す。」と一人でいる時でも何度も言ってみてください。

【人を褒める】

人の悪口を言えば、言った言葉を自分も聞いているので、

自分自身の気分も、より腹ただしさが増していきます。

人をほめれば、自分の気持ちも晴れやかになります。

褒めている時の言葉は、自分自信も聞いています。

周りの人を意識的に、褒めるようにしましょう。

【まとめ】

普段使っている言葉を変えていきましょう。

言葉を変えると、その言葉を聞いているのも自分なので、

徐々に思考も変わっていきます。

思考がかわれば、人生も豊かになります。

その良い循環を作り出していき、今後の仕事に取り組んで

頂けたらと幸いです。

いきなり、すべての言葉をプラスに変えるのはむずかしい

と思いますので、話の最後をポジティブな話で終われるよう

に、意識することから始めてみてはいかがでしょうか。

サラリーマン

作成者: サラリーマン

中間管理職として8年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを、解決できればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA