言葉のすごい力!普段の言葉遣いを変えて心の状態をよくする方法3選

日々、何気なく使っている言葉。

普段仕事をしていると、この言葉の力に気づいている人も少ないように思います。

私も数年前までは、言葉の力に気づいておらず、人のグチや汚い言葉を使っていました。

偶然セミナーで出会った人と話をしていると、普段の言葉をプラスに変えることで、人生が変わったと言われて正直驚きました。

私は、何も意識していなかったので、そんなことがあるのかと疑いながらも興味がわいてきて、いろいろ教わりました。

本記事では、その内容をご紹介させて頂きますので、普段の言葉をポジティブな言葉に変えて、日々の生活を豊かにして頂ければ幸いです。

 

【ポジティブな言葉を使う】

まず、ポジティブな言葉、ネガティブな言葉のどちらが良いかはすぐに分かると思います。

ネガティブな言葉を使っていると、気分もネガティブになります。

逆に、ポジティブな言葉を使うと、気分もポジティブになります。

よって、使う言葉で自分の気持ちも、コントロールできます。

自分が使う言葉は、自己暗示になりますので、できるだけプラスの言葉を使いましょう。

普段生活していると、ネガティブなニュースや、人から悪口を聞かされたりすることもあると思います。

テレビなどは、ネガティブなニュースが多いので、できるだけ見ないようにしましょう。

また、人から悪口を言われた時も、絶対に言わないようにしましょう。

 

【落ち込む時があった場合】

例えば、上司から叱られて落ち込んだ時も、自分はダメな人間だと言うのではなく、「叱ってくれてありがとう」と、一旦は無理やりでも、ポジティブな言葉を使うようにしましょう。

「ここで叱ってくれなかったら、もっと大きなミスをしてしまっていた。本当によかった」と言うような言葉を選びましょう。

ここでの言葉選びが、今後のあなたの心の状態を、良い状態にしていくことができます。

また、いつもどんな時もポジティブな言葉を使う習慣をつけましょう。

責任ある仕事を任されて自信がない場合でも、成功した自分を思い描き、任せてくれてた上司に「ありがとうございます。」と一人でいる時でも何度も言ってみてください。

 

【人を褒める】

人の悪口を言えば、言った言葉を自分も聞いているので、自分自身の気分もより腹ただしさが増していきます。

人をほめれば、自分の気持ちも晴れやかになります。褒めている時の言葉は、自分自信も聞いています。

周りの人を意識的に、褒めるようにしましょう。

 

【まとめ】

普段使っている言葉を変えていきましょう。

言葉を変えると、その言葉を聞いているのも自分なので、徐々に思考も変わっていきます。

思考がかわれば、人生も豊かになります。

その良い循環を作り出していき、今後の仕事に取り組んで頂けたらと幸いです。

いきなり、すべての言葉をプラスに変えるのはむずかしいと思いますので、話の最後を

ポジティブな話で終われるように、意識することから始めてみてはいかがでしょうか。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました