【理想なリーダー像とは!?】時代にあったリーダー像を考えてみる

リーダー像

突然ですが、私は「あなたは、リーダーには向かないね」と言われたことが多々あります。

子供の頃から周りになんでも合わせて生きてきたので、周りを引っ張っていくタイプではありません。

それは今でも基本的な性格は変わりませんが、現在リーダーとして部下を統括している立場になっています。

いろいろなリーダーの方を見てきましたが、「俺について来い」みたいなタイプでなくても、リーダーは務まります。

本記事では、今の時代に合ったリーダー像を探ってみますので、少しでも共感した内容があれば取り入れて頂ければ幸いです。

【部下の価値観に合わせる】

上司からのすべての指示で部下を動かすのではなく、意見が出しやすい環境を作って、自発的に部下に動いてもらうほうが、今の時代に合ったリーダー像です。

自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の価値観に合わせた話をしていき、理解してもらうことが大切だと思います。

例えば、「お金に特に興味がありません。」という部下がいたとして、

「今は興味がないかもしれませんが、若いうちに仕事を頑張って、将来のお金をためていかなければいかないと思うよ。」

「結婚して子供が生まれるとお金が必要になってくるしね。また今のように健康でなくなった時も、今の頑張りが将来をサポートしますよ。」

という話し方のように、部下の価値観を否定せず、尊重した話し方をして説得してみることが大切です。

【良い雰囲気作り】

人に興味を持って接するようにしましょう。

自ら部下に声をかけて、相談しやすい雰囲気を作ってあげる。

そうすればあなたの所には情報がたくさん集まるようになり、問題点も早期に解決できるようになります。

また、できない人ばかりに教育の時間をとるのではなく、できる人も伸ばしていく。

チーム全体の成果は、できる人にもがんばってもらわないと上がりません。

そのあたりのバランスを取りながら、仕事を進めましょう。

【感謝する】

いろんな問題を抱えながらも前に進んでいくには、「その人が居てくれているから今の結果がある」と、心から感謝することが大切です。

感謝しようと思っても、習慣化していないとまた元の悪い状態に戻ってしまいます。

朝起きて、鏡に向かって感謝する。

会社の机についたら最初の5分間は、感謝していることを紙に書くなど、日々のルーティンに落とし込みましょう。

【理想なリーダー像】

どんなリーダーが理想なのかを部下に聞いてみると、以下のような答えが返ってきました。

個条書きにしましたので、参考にしてください。

 

1.挨拶を自分からする
2.約束を守る
3.礼儀がある
4.上から目線で話さない
5.清潔感がある
6.親身になって相談に乗ってくれる
7.指示が的確
8.公正な評価をしてくれる
9.本気で怒ってくれる
10.失敗のフォローをしてくれる
11.行動力がある
12.決断力がある
13.人に教える能力がある
14.コミュニケーション能力がある
15.人の気持ちがわかる
16.相手の立場になって考える
17.一緒に悩んで、一緒に解決していく姿勢がある
18.相手のためになる情報を絶えず勉強している
19.謙虚で相手を立てる
20.悩まず、レスポンスが良い

【まとめ】

部下を育成していると、何度も言わせないでくれよと思う場面が多々あります。

また人が辞めると、また最初から教育のやり直しです。

ためいきを漏らしながら、部下からの質問にもイライラ感がつもりますし、雰囲気が悪化して余計にやる気を下げさせることにつながります。

部下育成には、本当に根気よく人と向き合う努力が必要です。

その努力があって初めて相手に伝わりますし、相手もこちらのことを理解してもらえます。

まずは上司である自分が変わることで、部下も変わる。

このことを理解しながら、部下と共に成長していくことを心がけましょう。


 

リーダー像
わっちをフォローする
アバター

中間管理職として10年間、部下育成に取り組んできたサラリーマンです。
悩みながらも、実践して効果があったものをご紹介させて頂きます。
一人でも多くの管理職の悩みを解決できれることを願っています。

わっちをフォローする
サラリーマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました