読まれる文章を書くコツ6選!

仕事でも文章を書くことが苦手で、いざ書こうとすると
手が止まって、時間だけが過ぎていくことはないで    しょうか。

出張報告書、企画書、メール本文等、仕事で文章を書くことは多いはずです。

ここでは、誰でも読みやすい文章を書くコツをご紹介させて頂きますので、苦手意識を克服して頂ければと思います。

【事前準備をする】

いきなり文章を書き始める人がいますが、
その行為は目的地を設定せずに、走り出すようなものです。

これでは、大きな書き直しが発生したりする場合があるので、時間がかかります。

下記のような手順で考えていきましょう。

1. 何を書くかを、あらかじめ個条書きにしてまとめておく。

2. 次に、どこから書き始めるのかを決める。

3. どこを重点的に書くかを決める。

4. どのぐらいの量を書くのかをきめる。

【主語と述語があっているのかをチェックする】

主語と述語が合っていない文章は、意外と多いです。
読んで違和感がないかをチェックしましょう。

例1)
× 私の夢は、歌手になりたいです。
○ 私の夢は、歌手になることです。

例2)
× サッカーに行けない理由は、仕事が忙しいのが現状です。
○ サッカーに行けない理由は、仕事が忙しいからです。

【専門用語を使わない】

誰でも理解できる易しい言葉を選びましょう。

「この言葉を意味は何だろう」と思われて、言葉を調べる事を読み手にさせないようにしましょう。

「専門用語」を使って良いのは、明らかにその意味を理解しているときだけです。

例1)                         × この野菜は、とてもリーズナブルです。
この野菜は、とても安いです。

【正しく句読点を打つ】

正しく句読点を打たないと、読みにくい文章になります。 読む相手の事を考えて、正しく句読点を打ちましょう。

例1)
「彼女は食事をしながらパソコン作業をしています。」

「彼女は、食事をしながらパソコン作業をしています。」

例2)
「彼は落ちているゴミを拾ってゴミ箱に向かって投げた。」

「彼は落ちているゴミを拾って、ゴミ箱に向けって投げた。」

【文章をダラダラと繋げない】

文章が長いと混乱を招き、「結局何が言いたいのか分からない」という状態になります。

文が長くなる要因は、「ですが、なので、し、」というように、接続助詞を使って文をつなげていることが要因です。

一文を短くするように、心がけましょう。

【書いた文章を5W1Hでチェックする】

5W1Hは、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を指し示す言葉です。

自分が書いた文章に抜けがないかを、チェック      しておきましょう。

また誤字脱字は、文章の信頼度を一気に下げてしまいます。
一字一句チェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました